概要

    RRR工法(Reinforced Railroad with Rigid Facing-Method)とは、補強土工法の原理を用いて、従来形式の擁壁の代替え工法として開発された新しい土留め(補強土壁)工法です。従来の擁壁は、力学的に考えれば、土による作用外力(土圧)に対して、躯体重量や基礎の地盤反力で支えようとする構造であり、土と敵対し、力には力で対抗しようとする思想の構造物でした。これに対して補強土壁工法は、土中に引張り補強材を配置することにより土自身の安定化を促進する方法であり、土と共存しようとする思想の構造物です。

    RRR工法は、適用箇所において盛土と地山の違いによって大きく2つに分けられます。

    すなわち、

    RRR−B工法:盛土補強土擁壁工

    RRR−C工法:地山補強土擁壁工

    と呼ばれる2つの工法で、いずれの工法も剛性の高い一体型壁面工を打設することを特長としています。

    RRR−B工法は、面状補強材(ジオテキスタイル)と剛壁面を用いて盛土のり面を鉛直に構築する盛土補強土擁壁工法です。 一方、RRR−C工法は、棒状補強材と剛壁面を用いて斜面を急勾配化する地山補強土擁壁工法です。

    補強土壁工法の先駆的な工法としては、テールアルメ工法がありますが、テールアルメ工法はストリップと呼ばれる鋼製帯状補強材と スキンと呼ばれるパネル壁面によって構成されています。これに対して、RRR−B工法は、合成高分子系面状補強材(ジオテキスタイル、あるいはジオシンセテックス)と 場所打ちコンクリート壁面(曲げ剛性の高い一体壁面)工を組み合わせた構成になっており、短い補強長で高い安定が得られるところに特長があります。

    この他にも、RRR工法の関連工法として、RRR−A工法と称す、面状補強材を用いて補強土橋台、補強土橋脚、補強土橋梁を構築する補強土橋台・橋脚工法があります。本工法は、兵庫県南部地震のような大地震(L2地震動)に対しても十分な耐震性を有する新しい橋台・橋脚を提供することを目的に 開発されたもので、ジオテキスタイルで橋台・橋脚と背面のセメント改良土を連結することによって、抜本的に耐震性を向上させることが可能となりました。
    なお、RRR工法は特許工法で数多くの特許から成り立っています。特許の実施に当たっては実施権の許諾を受けたRRR工法協会の会員会社しか施工することはできないことになっています。ただし、会員以外で「RRR-B工法」の施工を希望する建設業者に対しては、1工事1契約限りの「臨時会員」としてRRR工法協会に入会すれば施工を認めることになっています。詳細については、RRR工法協会事務局に問い合わせください。

     
    <補強土橋台工法>
    (RRR-A工法)
      <盛土補強土壁工法>
    (RRR-B工法)
     
       
      <切土補強土壁工法>
    (RRR-C工法)