補強土式掘削土留め工法

    掘削幅が非常に広い場合や施工スペース確保の関係から切り梁による支保工が適用できない場合には、一般にグラウンドアンカー工法が採用されますが、掘削背面の用地境界が近接して残置式アンカーが適用できない場合や、またはグラウンドアンカーを設置する支持層が非常に深い場合などには、ラディッシュアンカー工法を適用することで経済化を図ることができます。一般には、掘削深さ10m程度以下の比較的浅く、地下水の影響のない掘削で適用されます。

     
      ラディッシュアンカー工法を用いた掘削土留め工の概要
       
     
      仮土留め施工例