既設擁壁・橋台補強工法

    1995年の兵庫県南部地震においては、従来形式の擁壁の崩壊事例が多く見られ、重力式やもたれ式擁壁の耐震性は相対的に低いことが明らかとなりました。これら既設擁壁の耐震補強対策として、ラディシュアンカーで補強した場合の効果を模型振動実験等で確認したところ高い耐震性を有することが確認できました。